日本初の紅色のガラスは「薩摩の紅ガラス」と称されることもあり、高く評価されました。

薩摩地方の伝統工芸であった薩摩切子の特徴とは?

薩摩切子

薩摩切子

 

薩摩切子は江戸切子と並ぶ日本の2大カット(切子)ガラスと呼ばれています。
名称の通り、九州の薩摩地方の伝統工芸で、薩摩藩が幕末から明治初頭にかけて生産したのが発祥です。薩摩ガラス、薩摩ビードロと呼ばれることもあり、主に海外との交易用、鑑賞用として作られました。

 

江戸切子の場合は庶民の愛用する日用品として普及したことがあり、当時から継続して生産されてきた歴史を持ちます。
薩摩切子は庶民向けのものではなかったので、貿易が活発だった時代を終えると生産を主導していた薩摩藩がなくなり、薩摩切子産業も一度なくなってしまいました。
当時の薩摩切子が綺麗だったことから、現在は当時の技術を再現して復刻生産が行われています。

ガラス工芸の種類

 

薩摩切子の特徴

薩摩切子最大の特徴は江戸切子よりも厚くて濃い色を使っていることです。
一般的なカットガラスは江戸切子のように色の境目がくっきりと現れますが、薩摩切子は色の境目がガラスの厚みによってグラデーションのように見えます。
より細かい細工(籠目紋内に魚子紋等)や色被せ(en)と呼ばれる表面に着色ガラス層をつけた生地を用いたものが多く、鑑賞用として手のこんだ作品が多いです。
「薩摩の紅ガラス」と称されることもあり、ガラスの色の付け方にこだわり、当時の薩摩藩は紅・藍・紫・緑の生産に成功した記録が残っています。
近年の研究では、当時も透明なガラスを使った薩摩切子があったことがわかり、薩摩切子の中でも従来からの鮮やかな色付きのものと透明なガラスをベースにしたもので区別して扱われています。

 

 

薩摩切子の歴史

薩摩切子は長崎等から伝来した外国のガラス製造書物を元に江戸のガラス職人を招くなどして第10代薩摩藩主島津斉興が主導して始められたガラス工芸です。
西暦でいうと1950年代のころです。安政5年(1858年)には100人以上がガラス製造工場で働いていた記録もあり、薩摩藩はガラス産業に対して全国の中でも積極的でした。
薩摩藩11代目藩主島津斉彬は諸藩に先駆けて造船、製鉄、紡績、印刷など大規模な近代化事業を推進します。
この中にガラス工場も含まれていて、様々なガラス製品を製造されていて、そのうちのひとつが薩摩切子と呼ばれることになるカットガラスです。大名への贈り物に用いられたり篤姫の嫁入りの品に使われていましたが、斉彬の急逝をキッカケに事業も縮小されます。
さらに1863年の薩英戦争で工場が焼失。明治に入ってからの西南戦争前後には薩摩切子の技術も完全に途絶えてしまいました。
江戸切子の場合は技術が本格的に発展していったのは明治に入ってからですが、薩摩切子は明治に途絶えてしまう江戸切子と対極的な歴史を持っています。

ちなみに当時の江戸切子は大量生産していなかったこともあり大変貴重で、現存しているものは200点ほどしかありません。

貴重な骨董品として扱われていて、過去には1点300万円で取引されたこともあります。
当時の状態の良いものは美術館レベルです。

 

薩摩切子がなくなってから約100年の月日が経ち、1985年に鹿児島市に薩摩ガラス工芸が設立され薩摩切子を復元されました。
伝統を大切にしながら、新しい商品への開発にも意欲的に取り組み、2001年には新世紀の始まりを記念し「二色被せ」の従来の単色で濃い色が中心のイメージを覆すオリジナル品を登場させます。
さつま町、霧島市、南さつま市、鹿児島市にある5つの工房で現在も薩摩切子は復刻生産を続けていて、江戸切子のように日常的に使うグラスなど大衆品として手軽に購入することも可能になっています。

トップへ戻る