日本のガラス工芸品として有名なのが江戸切子、江戸硝子、琉球ガラスです。

ガラス工芸の種類|「ホットワーク」と「コールドワーク」の主な手法

ガラス工芸の種類

様々なガラス

 

ガラス工芸は国や地域ごとに様々な種類があり、複数の手法を取り入れているものもあります。
ガラス工芸の種類は非常に多いですが、工法は温めて造形するホットワーク(ホットテクニック)常温でガラスを加工するコールドワーク(コールドテクニック)の2つのカテゴリーに分類されています。それぞれの主要な工法を紹介します。

 

ホットワーク(ホットテクニック)

ホットワークとは、熔融または軟化させて行うガラスの成形技法です。
ガラスは材料を溶かして固めることで作ります。
この工程で様々な形に成形するものがホットワークに分類されます。
主要な技法は以下のとおりです。

 

吹きガラス(グラスブローイング)
吹き竿に巻き取ったガラス種に、息を吹き込んで膨らませる定番のガラス工芸製法。
ホットキャスト、キルンキャスト
粘土やワックスで作った原型を耐火石膏等で型取りして、そこへ溶融ガラスを流し込んで鋳造する。
パート・ド・ヴェール
ホットキャストの変法で、粉状の色ガラスをのりで練ったものを使い多彩で緻密な表現を可能にしたもの。
バーナーワーク、ランプワーク、フレームワーク
卓上バーナー使って、加工するガラス細工。冷たいガラスを加工することからホットワークとは別に分類されることもあります。
エアーバーナー
可燃性ガスと圧縮空気による炎で熱して軟化させます。鉛筆程度の太さのガラス棒を使ってとんぼ玉などを作る場合に活用されます。
酸素バーナー
酸素ガスの炎を使う。炎の温度は約800度で耐熱ガラス向けの加工法です。
キルンワーク
ガス炉や電気炉の中で、熱変形させる。
フュージング
軟化させて熔着すること。主に板ガラスを融かしあわせます。
スランピング
軟化させ、型に沿わせて変形させます
プリント
セラミック顔料で作った文様などを印刷後に加熱して定着させる

 

 

コールドワーク(コールドテクニック)

コールドワークはガラスのデザイン性を高めるために行うことが多く、ガラス工芸で広く使われています。
主な技法は以下のとおりです。

 

カットグラス(切子)
透明または色ガラスを被せた生地に、さまざまなパターンをカットし模様を施すもの。代表事例は江戸切子、薩摩切子など。
サンドブラスト
高圧空気でガーネットなどの切削砂を吹付けて表面を切削します。マスキングしてデザインを行います。
ステンドグラス
細かくした着色ガラスを接合させて絵柄や模様を作ります。ガラスを温めますが成形目的ではないのでコールドワークに分類されます。
ガラスエッチング
磨りガラスの模様を描く技法。
グラヴィール
研磨機で、表面を削って模様をつくる。
ガラスエングレービング 、ダイヤモンドポイント
ダイヤモンド製の鑿(のみ)で、表面に模様を削ります。ペンでより細かい物を作る場合はダイヤモンドポイントと呼びます。
ラミネート
フィルムを挟んで複層ガラスを作る技法、ガラス工芸にはあまり使われません。

 

 

有名な国内のガラス工芸品

日本のガラス工芸品の中でも特に有名で国内外から人気の高いものを3つピックアップしました。

 

江戸切子

名前のとおり、江戸時代から続く由緒ある伝統工芸品です。
ガラス表面に彫刻を施したのが江戸切子の始まりとされ、西洋式カットや彫刻技法の導入、イギリスから来たカットグラス技師による技術指導などで進化を遂げました。
細かく削ってパターンをカットしているのが特徴でグラスやお皿が定番の人気商品です。

江戸切子の詳細はこちら

 

江戸硝子

江戸時代からの伝統を受け継ぎ、手造りで製造された硝子製品です。
グラスなどの日用品が多く、富裕層からの愛用者が多いです。
職人の技がひかり、機械ではできないような繊細なパターンを描いています。

 

琉球ガラス

元々は戦後にアメリカ人の持ち込んだコーラなどの空き瓶を加工したことが始まりです。
その後は吹きガラスなどのホットワーク作業を行い、金属を混ぜ込むことで派手な色を作っています。沖縄旅行のお土産では泡盛ロックグラスが人気です。

トップへ戻る