江戸切子は透明なガラスに美しい切子を施す江戸(現在の東京)の伝統工芸です。

伝統工芸である江戸切子の条件とこれまでの歴史

江戸切子

江戸切子

 

江戸切子は日本で最初に普及したガラス工芸と言われています。
江戸末期に作られたカットグラス工法で現在も伝統工芸に認定されて、その技術が受け継がれています。
グラスやお皿などで、鮮やかなパターンを作っているのが特徴で、透明なガラスをベースに青いガラスのグラデーションカラーになっているものが人気のデザインです。

 

 

江戸切子の特徴

さまざまなデザインがありますが、矢来・菊・麻の葉模様など着物に見られる身近な和の文様を繊細に切子で表現しています。
工法自体は海外から来たものですが、日本らしいデザインをしているのが特徴です。
当初はガラス工芸で主流になっているクリスタルガラスを使うことが多かったですが、最近は和の雰囲気を強めるために、色被せガラスを素材にしたものが主流になっています。
名称の通り、江戸時代から始まったものですが、歴史とともに発展をしてきました。
江戸時代のガラス工芸ではなく江戸(現在の東京)の地域伝統という意味の方が強いです。

 

江戸切子の歴史

江戸切子の発祥は天保5年(1834年)に、江戸大伝馬町のビードロ屋加賀屋久兵衛が金剛砂を用いてガラスの表面に彫刻したのが初めてと伝えられています。
工芸品として本格的に普及したのは明治時代になってからです。
明治6年(1873年)に品川興業社硝子製造所が開設され、明治14年に切子(カット)指導者の英国人エマニエル・ホープトマン氏を招いて指導を受けたことで普及しました。
国内でガラス製造が盛んになっていたこともあり、カット技術の進歩とガラス器の普及によって、日用品の食器として切子が盛んに作られるようになります。
大正に入ると、素材や研磨技術が進化していき、新しい技法が開発されていきます。
江戸切子を見ると、江戸時代からこんな綺麗なガラスを作っていたの?と思う方もいますが、現代の江戸切子の製法は大正から昭和にかけて完成された比較的新しいものです。
大正から昭和初期にかけてカットガラスは工芸ガラスの代表的な存在に成長し、日本全国へと流通していきました。

 

 

江戸切子の条件

現在は、江戸切子協同組合の登録商標になっています。

 

組合員が作成した「江戸切子」以外の製品を江戸切子として使用や販売することはできません。
江東区を中心にした関東で手作業かつ主に回転道具を使用して作られたものである必要があります。

 

製法自体はカットガラスになり、デザインや雰囲気以外に江戸切子ならではの独自製法はありません。国内でのガラス工芸の中には「切子」と名付けられたカットガラスが複数あり、一部では江戸切子にデザインが酷似していることもあります。

 

江戸切子は商人が日常的に使う物として作られた歴史があり、本格的に普及した明治時代から時間をかけて普及と発展をしてきた歴史があります。
ほかのカットガラスや伝統ガラスとは違う歴史とコンセプトを持っているため、見る人から見れば似たような切子系ガラスでも、すぐに江戸切子かどうか見分けがつくものです。

トップへ戻る